クレジットカード現金化の悪徳業者はホームページから見破ろう!

悪徳業者のイメージ

クレジットカード現金化の利用者の中には、専門の業者を利用する方も多いです。
公式サイトの申し込みフォームに必要事項を記入して、後はスタッフの指示に従うだけ簡単に現金化が出来てしまうため、近年では利用者は増加を一途を辿っています。

ただ、そうした優良現金化業者の中には、お金に困っている利用者の悩みに漬け込んで詐欺を働く悪徳業者が蔓延っていることも事実。
悪徳業者を見抜く方法は様々なですが、最も重要な対策は、利用した店舗の公式ホームページをチェックすることです。

今回は、クレジットカード現金化で悪徳業者に騙されないために、ホームページ情報で確認するべき要点を解説していまいります!

悪徳現金化業者と優良店ではホームページ構成が違う

クレジットカード現金化業者の利用はまず、その業者の公式ホームページの申し込みフォームに必要事項を記入しますよね。
また、殆どの方が現金化業者を検討する際に、様々なホームページの記載情報に目を通すはず。
実は現金化業者の公式ホームページは、構成も記載内容も、優良店と悪徳業者とでは大きな差があるんです。

悪徳業者は詐欺行為が発覚するたびにホームページを作り直す

悪徳業者は詐欺行為を行う度にホームページを一旦潰して、再び新規作成を行うというサイクルを繰り返しています。
これは、悪徳業者が警察などに自らの詐欺行為が露見しないよう、なるべく足がかりになるような情報を残したくないからなんです。
詐欺行為を行う度にその都度重厚なホームページを新たに立ち上げていてはお金がかかりすぎるので、悪徳業者のホームページは自ずと構成も装飾もシンプルで簡素なものになります。

優良店は同じホームページで長く運営している

対して優良店のホームページは、集客率が見込めるように十分な資金を投じて作られています。
これは、クレジットカード現金化業者として少しでも長く運営していきたいという優良店として当然の対策。
その証拠に、10年以上の長い実績を誇る優良店のホームページはずっと長い時間運営され、構成も装飾も高い水準を保持しています。

クレジットカード現金化の悪徳業者のホームページとは

ただ漠然とホームページから悪徳業者を見分けろと言われても、具体的に何をチェックすればいいのかわかりませんよね。
続いてはクレジットカード現金化の悪徳業者のホームページでチェックするべき項目について、更に細かく見ていきましょう!

集客率を見込めないチープな構成

悪徳業者のホームページは大概、とても集客率を見込めないチープな構成であることが殆どです。
トップページ1枚のみで構成されていたり、換金率表や会社概要の別ページが存在しなかったりと、一般的なサイトよりも安っぽいなと感じる点があれば注意しましょう。

スマホ対応していない

スマホ専用のホームページを作成していない店舗も悪徳業者の可能性が高いです。
殆どの優良店では、パソコンとスマホ両方から閲覧可能なホームページを準備しています。
検討中のクレジットカード現金化業者の公式ホームページをスマホで開いてみて、どうにも文字が崩れるといったトラブルがあれば、利用しないのが賢明です。

代表者名の記載がフルネームではない

代表者の記載がフルネームでない場合も悪徳業者の可能性があります。
クレジットカード現金化業者の公式ホームページの会社概要というページを開くと、代表者名が記載されています。
それが苗字だけであったり、そもそも代表者名自体が無かったりした場合には悪徳業者を疑いましょう。

電話番号の記載が携帯番号のみ

悪徳業者のホームページでは、電話番号の記載が携帯番号のみであることも多いです。
詐欺の後ですぐに拠点移動できるように、固定式の電話番号を用意していないという可能性があります。
優良店ではあれば拠点を動かす理由がないので、固定式の電話番号をきちんと記載していることが多いです。

住所や地図リンクが架空

住所や地図リンクの情報が偽物で、実在しないといったケースも悪徳業者にはあります。
悪徳業者は地に足つけた拠点を持っていませんし、もし持っていたとしても身元バレを恐れて本当の情報開示は行ないません。
検討中のクレジットカード現金化業者が心配であれば、住所をそのままコピペして検索エンジのURL記入欄に貼るなどして、本当に実在するのかどうか確認を行いましょう。

HTTPS暗号化がされていない

クレジットカード現金化業者の公式ホームページを開いた状態でURL冒頭を見てみると、HTTPか、若しくはHTTPSといった表記が確認できますよね。
HTTPの後ろにSが付いていれば、そのホームページは暗号化されて情報流出から守られていることを指しています。
悪徳業者は個人情報流出を狙って、このHTTPS暗号化していないことも多いので、事前に確認を行ないましょう。
クレジットカード情報を狙う悪徳業者も多いため、ホームページに限らず、商品購入時のクレジットカード情報記入欄ページのURLもよく注意してください。

必要以上の個人情報記入欄が存在する

申し込みフォームを見てみて、必要以上の個人情報記入欄が存在する場合にも、悪徳業者の可能性が高いです。
本来クレジットカード現金化の申し込みフォームで記入するべき個人情報は、「氏名」「電話番号」「メールアドレス」といった連絡のための最低限のものだけ。
申し込みの段階で知る理由のない「住所」や「クレジットカード情報」などの個人情報記入欄があれば、それは悪用を狙った悪徳業者であるため、すぐに取引を中断しましょう。

クレジットカード現金化業者はホームページだけで判断するべからず

ホームページは悪徳業者を見分けるための大きな確認項目ですが、他の要点もきちんとチェックしておくことで更に安全に優良店を選ぶことが出来ます。
続いては、ホームページ以外から悪徳業者を見分ける方法を見ていきましょう!

電話対応からも悪徳業者は見破れる

クレジットカード現金化では、業者スタッフの電話対応を良く確認することも重要です。
基本的に悪徳業者は、サービス業としての対応能力育成という概念がないので、自ずと口調はおざなりで、ずさんなものになっていきます。
また、利用者に対して後で法外な手数料を取るために、最初に具体的な換金率を教えてくれないといったこともしばしば。
優良店であれば利用者の不安を煽るようなことはせず、クレジットカード現金化に対する質問にきちんと答えてくれます。

口コミの評判も悪徳業者を見つける重要な手がかり

口コミや評判から悪徳業者を見分けることも可能です。
口コミは実際に現金化業者を使った利用者の生の声であり、ホームページからでは分からなかったサービス内容が浮かび上がってきます。
比較サイトや掲示板などの口コミを複数読んでみて、安全そうな現金化業者を予めピックアップしておきましょう。

まとめ

今回は、クレジットカード現金化の悪徳業者をホームページから見分ける方法について解説してまいりました。
現在は取り締まりも厳格化されているため、優良店の運営が殆どとなりましたが、それでも悪徳業者が僅かながら潜んでいることを忘れてはいけません。

とりわけ、悪徳業者と優良店のホームページでは構成や記載情報に大きな差があるため、業者を見分ける際の重要なチェック項目となります。

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

  • 悪徳業者はホームページから見破れる
  • 悪徳業者のホームページはチープな構成をしている
  • スマホとパソコンの両方に対応していない
  • 代表者名がフルネームではなく曖昧
  • 電話番号が携帯のみで固定式のものの記載がない
  • 地図リンクや住所が架空で実在しない
  • 個人情報記入欄のURLがHTTPS暗号化されていない
  • 申し込みフォームに住所やクレジットカード情報などの記入欄がある
  • 悪徳業者は電話対応や口コミの評判でも見分けられる

いかがだったでしょうか。

悪徳業者はホームページはもちろんのこと、電話対応や口コミの評判など、他の要素と複合的に鑑みて見分けるのが最も有効です。
クレジットカード現金化で重要なのは、安全安心に利用可能な優良店で取引すること。
正しい知識を身につけて悪徳業者を見破り、安全にクレジットカード現金化を行ないましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です