クレジットカード現金化で個人情報流出はあり得るのか?手口と対策とは

個人情報漏洩の禁止

インターネットの普及に伴って、ショッピングなどの際に個人情報を入力することも多くなりました。

クレジットカード現金化も商品購入を行うので、その際には同じように個人情報の入力が必要となりますよね。
そこで問題なのは、悪徳業者による個人情報の流出です。

クレジットカード情報や銀行口座番号など、悪用されたときの被害が大きい個人情報は特に、事前の対策が重要となります。
そこで今回は、クレジットカード現金化における個人情報流出の被害事例やその対策について、詳しくまとめていきます!

クレジットカード現金化で個人情報の提示は必要

まずは、クレジットカード現金化で個人情報を提出するそもそもの理由について見ていきましょう!

クレジットカードの不正利用を防ぐため

現金化業者が利用者に個人情報提出を求める大きな理由は、クレジットカードの不正利用を防ぐためです。

利用者の中には時折、どこかで拾ったクレジットカードや知り合いのクレジットカードなどを無断で現金化に使用する人がいます。
他人名義のクレジットカードでサービス提供を行うことは、何より不正利用された被害者とのトラブルにもなりかねません。
そこで優良店では、利用者の氏名とクレジットカードの名義人の一致を義務付けて、別人のなりすましを未然に防いでいます。

利用者の素性を明らかにするためにも、個人情報の提示が必要となります。

商取引としての体裁を守るため

現金化業者が個人情報提示を求めるもう一つの理由は、商取引き業者としてきちんと法律を守っているためです。

クレジットカード現金化では商品を購入した過程でお金を作り出すサービスなので、言わば商品売買の類の位置付け。
そのため業者は、安全な商取引きを行うための規定を定めた古物営業法を遵守しなければ経営が出来なくなってしまいます。

古物営業法では、中古買取の際に店舗側が身分証による本人確認を行うことを義務付けています。

古物営業法を守って安全に営業するためにも、業者は個人情報提示を求めるというわけなんですね。

クレジットカード現金化で提出する個人情報とは

続いては、クレジットカード現金化で提出するべき個人情報についてそれぞれ見ていきましょう!

申し込みに必要な電話番号やメールアドレス

電話番号とメールアドレスは手続きの際に必須となるため、業者に伝えて然るべき個人情報です。

電話番号とメールアドレスは、申し込みフォームの必要事項記入欄にて業者側に伝えることとなります。

本人確認のための身分証明書

本人確認のための身分証明書もクレジットカード現金化の際は必要となります。

本人確認の際に必要な身分証明書は、普段生活の中で提出が求められるような「健康保険証」や「運転免許証」などで大丈夫。

送り方は、身分証を撮影した画像をメールに添付するか、FAXで送るかの2択となります。

本人確認が厳格な業者の場合には、顔付きの身分証と利用者自身の顔がどちらも写っている写真を求めるケースがあるため、念頭に入れておきましょう。

住所確認のための郵便物

現金化業者によっては、住所確認のための郵便物の提出を求める場合があります。
これは、利用者の住む住所と同じ場所にきちんと商品が届くのかを確認するためです。

送り方は身分証と同様に、画像をメールかFAXかで業者側へ提出します。

悪徳業者に個人情報が知られた場合に起こる被害とは

クレジットカード現金化で悪徳業者に個人情報が知られた場合、次のような被害が想定されます。

クレジットカードの不正利用

悪徳業者へ個人情報が渡った際の被害として最も大きいものは、やはりクレジットカードの不正利用。
悪徳業者にクレジットカードの利用残高が0になるまで商品を購入されて、知らぬ間に高額な請求が自宅に届く、なんて事例が過去には目立ちます。

クレジットカードに書かれたセキュリティーコードや会員番号は、他人に知られてしまえばカードの実物がなくとも簡単にキャッシングや商品購入が出来てしまうため、渡す際には注意が必要です。

スパムメールやダイレクトメールが届く

メールアドレスの流出では、1日に数百件という大量のスパムメールが携帯に届くようになります。

また、住所の流出では、自宅の郵便受けに闇金や消費者金融からのダイレクトメールが投函されるようになります。

どちらも、悪徳業者から個人情報を買い取った闇金や消費者金融からの利用催促になるため、たとえ「無審査」や「即日融資」といった宣伝文句に惹かれても絶対に利用しないようにしましょう。

闇金業者や消費者金融からの押し貸し

銀行口座の流出では、同じような手段で悪徳業者から個人情報を買い取った闇金などから、無理やりお金を貸し付ける「押し貸し」に合う可能性があります。
利用者の意図に関わらず一方的に銀口座へと現金が振り込まれていて、しばらく経ってからその振り込んだ先の人間が取り立てにやってきます。

優良店であればクレジットカード現金化で個人情報を渡しても大丈夫

肝心なのは、クレジットカード現金化で個人情報の流出はよほどのことがない限り起きないということ。

これまでの個人情報流出は全て、悪質な経営を行っていた業者や最初から詐欺目的の悪徳業者のみが原因でした。

何年も営業してきた優良店ならば、利用者の個人情報は慎重に扱うため、流出被害は起きないと思って間違いはありません。

こんなクレジットカード現金化業者に個人情報が渡すべからず

個人情報流出を回避するためには、悪徳業者と優良店を見分ける必要があります。

続いては、そうした個人情報流出被害に騙されないために、個人情報を渡してはいけない悪徳業者の兆候についてご紹介いたします。

ホームページ情報や構成に信用性がない

クレジットカード現金化業者を選ぶ際の大きな指針となるのが、それぞれの店舗の公式ホームページ。

悪徳業者は詐欺行為を働いた後で雲隠れのためにホームページを潰し、新規作成をして再度詐欺を働くといったサイクルを繰り返しています。
そのため悪徳業者のホームページは構成がトップページのみなど、安っぽい仕上がりとなっていることが多いです。

また、記載情報に関しても、代表者名がフルネームでなかったり、固定式の電話番号が記載されていなかったりと、様々な不備が見られるため、注意を向けていましょう。

クレジットカードの両面の情報を求められる

クレジットカードの両面の情報を求められる現金化業者には注意が必要です。

近年では、現金化業者がクレジットカードの利用停止処分回避のために海外端末を所有しているので、商品購入を利用者ではなく店舗側が行うことも多くなりました。
それに従って、以前は要求されるだけで危険だと言われていたクレジットカードの両面提出もごく自然なこととなりつつあります。

ただ、先ほどもお話したように、クレジットカードの両面には伝えただけで不正利用が出来てしまう「セキュリティーコード」や「会員番号」が書かれています。
もしクレジットカードの両面の情報を求められる前の段階で少しでも不審な点が見られれば、別の業者を利用するのが賢明です。

また、最初からクレジットカード情報を伝えるのが不安という方は、自分で商品購入を行う「買取方式」の業者のみに絞って利用を検討するのも有効です。

申し込みフォームや商品購入画面がHTTPS暗号化されていない

申し込みフォームや商品購入画面がHTTPSで暗号化されていない場合にも、悪徳業者である可能性を疑いましょう。

HTTPS暗号化とは、個人情報を記入する際などの画面が流出しないよう保護する対策のこと。
暗号出来ている場合には、URL冒頭にHTTPSという表記があらわれます。

悪徳業者は利用者の個人情報保護など頭にはないため、個人情報の記入欄がしっかりと暗号されていないことも少なくありません。
URL冒頭の表記がTHHPか、それともHTTPSか、確認を行いましょう。

必要以上の個人情報提示を強要してくる

電話連絡や申し込みフォームなどを通して必要以上の個人情報提示を強要してくるといった行動も、悪徳業者の典型的な手口です。

例えば電話連絡では、本人確認の際の身分証提示で同時にさりげなくクレジットカードの両面もコピーをお願いされるといった事例を耳にします。

申し込みフォームでの個人情報流出でよくあるのは、記入事項の中に「住所」や「クレジットカード情報」といった必要最低限以上のものが含まれているケースです。

クレジットカード現金化で業者側に伝えるべき個人情報を把握しておいて、必要以上の個人情報開示は絶対にしないようにしましょう。

まとめ

今回は、クレジットカード現金化で個人情報が流出してしまった場合の被害や対策について解説してまいりました。

悪徳業者に個人情報を知られてしまったら、闇金からの押し貸しやダイレクトメールなど、多大な被害が想定されいます。
中でも、直接お金が関わってくるクレジットカードの不正利用は、何としても避けたいところです。

最後に今回の記事の要点を振り返っていきましょう!

  • 現金化で個人情報提示が必要なのはクレジットカードの不正利用を防ぐため
  • 業者は古物営業法を守るためにも個人情報を求めている
  • 現金化で提出する個人情報は、電話番号とメールアドレス、身分証、郵便物
  • 優良店であれば個人情報を渡しても安心
  • もし悪徳業者に個人情報が知られれば、押し貸しやカードの不正利用などの被害が生じる
  • ホームページ情報や業者の反応などを見て悪徳業者の兆候を見極めよう

いかがだったでしょうか。

クレジットカード現金化で最も重要なのは、安心して取引できる優良店を選んで利用すること。

悪徳業者と優良店では、様々な点に違いが見受けられるため、注意深く仔細を観察しましょう。

また、どうしても自分だけの判断で業者を選ぶのが不安だという方は、独自に安全面やサービスレベルの調査を行って優良店を検証しているこちらのようなサイトを利用するのも一つの手段です

正しい知識を身につけて安全にクレジットカード現金化を行いましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です