現金化するならココがポイント!換金率を上げる方法3選

換金率を上げる方法3選

高鳴る胸を押さえて、現金化業者に電話をかけようとしているそこのアナタ!
きちんと、高換金率で現金化できる準備は整えていますか?

現金化の手数料は、決済するカードブランドや時期、申し込む人の条件などで、業者によって大きく異なります。
こういった換金率を左右する条件を知らないで申し込みを決めてしまうと、損をしてしまいますよ。

そこで今回は、誰にでもできる、換金率を上げる方法3つをご紹介します。

換金率をあげる方法③大きな金額で申し込む

金額が大きいほど上がる換金率

換金率を上げる手っ取り早い方法は、申し込み金額を大きくすること!
たとえば、5万円の現金化よりも、10万円現金化した方が、換金率は高くなる可能性が高いです。

この理由はいたって単純で、申し込み金額が大きければ大きいほど、現金化業者に入る手数料は多くなるから。

5万円を80%の換金率で現金化すると、業者の手元に残る金額は1万円。
それに対して、10万円の希望金額を85%の金額で現金化しても、業者は1万5千円の手数料を手にすることができるので、高い換金率で取引に応じてくれるというわけですね。

このため、近いうちにまたお金が入り用になるかもしれない場合は、大きめの金額で現金化するのがお得です。

換金率をあげる方法①キャンペーンやお得なプランを狙う

お得なプランとキャンペーンをチェック

クレジットカード現金化業界では、無数にひしめく現金化業者が、熾烈な顧客争奪戦を繰り広げています。
しかし、クレジットカード現金化業者が取り扱うのは、お金という等価値の商品。
単なる換金率の価格競争では、お互いに足を引っ張り合い、共倒れになってしまう危険性があります。

そこで、同業他社との差別化のために、各業者が力を入れているのが、キャンペーンや独自プランの展開。

毎月○日は換金率5%アップ、初めての契約者にクオカードをプレゼントなど、内容はそれぞれ異なりますが、どれも実質的に換金率を押し上げるものばかりですので、要チェックです。
特に女性利用者の方は、女性であるというだけで換金率が優遇されるレディースプランがあるかどうかを気にして、業者を探すと良いでしょう。

また、急ぎでないという方は、即日プランではなく、通常プランやスタンダードプランと呼ばれるようなプランを利用するのもオススメです。
振込みまで1週間程度の時間を要しますが、その代わりに即日プランよりも高い換金率での現金化が可能になります。

ただし、こういったキャンペーンを掲げるだけ掲げておいて、いざというとケチな条件を追加して実行してくれなかったり、広告よりもはるかに充実度の低いサービスを提供してくる悪徳業者がいることを忘れてはいけません。
契約を成立させる前に、必ずキャンペーンの内容と適用条件を、電話申し込みの際に確認してくださいね。

換金率をあげる方法②他社の見積もりをもらう

相見積もりで換金率UP

クレジットカード現金化の換金率は、希望金額や条件によっても異なりますが、大体換金率70~85%と相場が決まっています。
申し込んだ業者の提示する換金率が、この範囲内におさまったからといって、満足してはいけません。

好条件の見積もりを提示されても飛びつかず、慌てず騒がず、何ともないような顔をして、いったん持ち帰りましょう。

そして、他の現金化の有力候補にも電話をかけ、先ほど提示された換金率を引き合いに、換金率を交渉するのです。

「そんな大阪のおばさんみたいな卑しいことできない…!」

と思う人は、相場程度の換金率で満足するしかありません。
高換金率は、利用者の執念と飽くなき向上心によって生み出されるものだからです。

実際m、他業者との相見積もりにおける換金率UPを取り入れているクレジットカード現金化業者も、数多く存在します。

「他社よりも、1%でも高い換金率を」

というやつですね。

どの業者も、顧客を自分側に取り込んで契約したいという思いは一緒。
競争相手の数字を材料に交渉すれば、高換金率で契約できること間違いなしですよ。

まとめ

いかがでしたか?
現金化業者の公式サイトに書かれている換金率表や最高換金率を鵜呑みにせず、自ら行動することが高換金率を狙うポイントです。
業者選びの段階からもう勝負は始まっていると心得、申し込みの段階でも、受け身ではなく積極的に確認や交渉を行い、1%でも高い換金率での取引を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です