【初心者入門】クレジットカード現金化のシステムと信頼できる業者のポイント

お金が必要になった時は、貯金を崩す方法やローン会社にお願いしてお金を作るといった方法があります。
しかし、貯金がそもそもない人やローンの審査が通らない人は、お金を作るのが難しい…。そのような方には、クレジットカードを使った現金化の方法を使えば、お金を用意することが可能です。
初心者向けに現金化の仕組みを解説していきます。

クレジットカード現金化のシステムとは?

クレジットカード現金化とは、クレジットカードの買い物枠(ショッピング枠)を使った現金化のことを指しています。
消費者金融と少し違うのは、現金化は借金ではないことです。
業者から希望額に合った品物やサービスを購入すると、現金を受け取り、購入代金はカード会社に支払います。
クレジットカード現金化専門の業者によって、買取式とキャッシュバック式を利用する業者に分かれています。

買取式は安心感がある

買取式は、業者に指定された商品を自分で購入し、業者に買い取ってもらうというものです。ネット業者などでは送るのに手間取ることも予想できますが、街中に店舗として立地している業者ならば、その場でお金がすぐに手に入れられるので、安心感があります。
買取式で扱われる商品としては、商品券やブランド品など換金性の高いものが扱われやすいです。

キャッシュバック式は早い

キャッシュバック式はネット業者に多い方法で、指定の商品を購入するところまでは、買取式の業者と変わりません。
キャッシュバック式の場合は、業者が取り扱っている商品を購入すると、キャッシュバックとして、現金○○円が手に入るという仕組みなので、業者から品物は送られてきますが、こちらから送り返すなどといった手間がなく簡単です。

どこでお店を見つけるの?

現金化業者はネットに存在する無店舗型と、街中に実際にお店を構える店舗型があります。

話をじっくりきいてからなら店舗型

店舗型は繁華街や駅の近くなどにそびえたっていることが多く、金券ショップやブランド品買取の店に似ているかもしれません。
店の前には「クレジットカード現金化」や「ショッピング枠を使った現金化」などのコピーがある、ポスターなど貼られているかもしれません。
店舗型は対面で話をきいて納得したうえで現金化をしたい方、その場で現金をすぐに受け取りたい方に向いています。
ただ中には悪質な業者もいて、一度お店に入ると圧迫感を出して、断れない状況に追い込ませるといったケースもありますので、出入りしやすい雰囲気のお店か、外観から確認してみましょう。

楽々にできる無店舗型

インターネットで「クレジットカード 現金化」「現金化 業者」などでワード検索すると、ランキングサイトや業者のサイトに、たくさんヒットします。
インターネットの業者は電話やネットのやり取りで完結するので、家の中にいながら、申し込みはいつでもできるのが楽です。
ただし、手続きしたのにいつまでたっても振り込まれない、最初にきいていた換金率と違うというケースもあるので、信頼できる業者を見極めることが大切です。

信頼できる業者のポイント

口コミランキングやおすすめランキングなどで、掲載されている業者=信頼できる業者というわけではありません。
インターネット上にはウソの情報も溢れているので、自分の目や耳で判断する必要があります。

換金率の表示

クレジットカードの現金化は利息などはかからないものの、例えば1万円の現金化で換金率が95%となっていれば受け取りは9500円、87%ならば8700円となります。
つまり客にとって損が発生するのです。
しかし、業者も商売なので、業者を通すならば100%未満になって当たり前です。
換金率は高ければ高いほど、利用者側に有利ですが、業者の中には「最大95%」や「80~94%」とホームページにハッキリと換金率を掲載していないこともあります。
ホームページで確認できないなら電話などでしっかりと、自分の希望額の場合の換金率を確認しましょう。

会社概要を見る

業者のホームページに会社概要というページがあります。
ここには会社の基本情報が掲載されているのですが、怪しい雰囲気の業者では、電話番号がなかったり、代表者名がなかったり、所在地がはっきりと最後まで記載されていないなどがありますので気をつけましょう。

コメントを残す

名前 *
メールアドレス *
ウェブサイト